読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザイン判例帳

アパレルデザインを中心に,デザイン関連の裁判例などをメモしていきます。

保護されない「ありふれた」デザインとは?

最近プロダクトデザインの法的保護に関する判決が立て続けに出ているので(知財高判平成28年10月13日平成27年(ネ)第10059号[幼児用箸],知財高判平成28年11月30日平成28年(ネ)第10018号[スティック加湿器],知財高判平成28年12月21日平成28年(ネ)第10054号[…

続・早めに模倣したもの勝ちなのか?

はじめての更新からはや1年・・ようやく2件目を更新いたします。 前回の更新でつぶやいた,不競法2条1項3号の保護の始期(「他人の商品」該当性)について,最近知財高裁判決が出ていました。 知財高判平成28年11月30日・平成28年(ネ)第100…

早めに模倣したもの勝ちなのか?

初めての記事が法務系Advent Calender 2015のエントリー記事ということで,大変緊張しておりますが・・アパレルデザインの保護に関連して気になっている論点について書いてみようと思います。 アパレルデザインは不競法2条1項3号で保護されることが多いで…